読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きまぐれにっき

ひとりごと。

東京ぶらり日記


だいーぶ更新をサボりました。


ふらりと東京に行ってきた。

朝、関西を出て昼について舞台を観劇。そのままバスタで夜行に乗ってこっちに帰ってきた。

行きは新幹線。何も考えずに当日慌てて席をとったけど、大概新幹線に乗るのは夜だったのでこんな日中に景色を見ながら乗ることが今まで無かったのでとても新鮮だった。一瞬で雪景色、畑、山、都会…目の前の景色がまるでチャンネルかのように移り変わる。こんなシュチュエーションにはさユりの曲が持ってこい。富士山生まれて初めて綺麗に見れたなぁ…

新幹線の早さなのに綺麗に撮れた。


f:id:hitorigotoy:20170203220652j:plain


snow先輩は盛れる以外にも偉大だった。


ことが済み、バスを待つために新宿をふらふらしていた。確か南口らへんかな。思えば初新宿。池袋なんかは結構行ったので大体把握できるようになったが、右も左もわからない。とりあえず晩御飯を食べようと思って店を探していると女性2人組に声をかけられて道を聞かれた。「こっち(関東)の者じゃないのでごめんなさい、わからないです。」と答えたのにどこから来たの?から始まりそして何故か会話が弾み、LINEまで交換してしまった。かれこれ20分ぐらい立ち話してたかなぁ…。まあ女の人だしいいかと思って交換したけど相手は年上だし、関東に住んでないし使い時はあるのだろうか…


そんなこんなでまたふらふらしてると次は男の人に声をかけられた。25-30歳くらいでスーツを着てた。あ、もしや。「ねぇ、なにしてるの?」やっぱりナンパだ。ごめんね、どうしても固いやつだからそう簡単にはホイホイ行かないぜ。

男「え〜じゃあワッフルだけでも一緒に食べない?」

私「すみません、友だちと約束があるので〜」

男「え、俺と?」

(…は?会話の流れ的に俺と約束?って言ってるのはわかるけどお前じゃねぇよ…ちなみに友達と待ち合わせしてるのは嘘だけど)

私「違います^_^;」

とりあえず返しがウザすぎて約束が〜って私が言うと彼はその度俺と?って返してきました。なんだ、東京の男はあっさりとしてると思ったのになかなかこってりだな。前、キャッチがあっさり引き下がったのを見てあ〜東京らしいと勝手に思い込んでたのかもしれない。結局嘘も見抜かれたけどめんどくさいの嫌なので連絡先は交換しませんでした。まあ、時間はかなり取られたけど勉強にはなったかなって。


新宿ってフレンドリーなんだか賑やかなんだかよく分からない街でした。でも、案外嫌いではないかな。

とりあえず一人でいたはずなのに疲れて地元でも食べれるようなチェーン店に入ってご飯を食べ、こっちに帰ってきました。


おしまい。